はじめの一歩はリップ

はじめましてー!マミです☆

普段は受付の仕事をしているので、メイクと身だしなみには自信あり、です。

この間久しぶりに幼馴染と会う機会があったんだけど、顔を見るやいなや「マミちゃんたすけてー(涙)」って。

ビックリしたけど、とりあえず話聞かなきゃって思ってカフェに入って話を聞くと「気になる人ができた」んだそう。

なんだよーっと思ったけど、彼女は昔っから化粧っ気がなくて(それでも色白くてかわいいの。)社会人になった今でも最小限のメイクしかしない。私と正反対のタイプ。

でも彼女みたいなタイプがいきなりバッチリメイクしてきたら、気になる人だけじゃなくて、ほかの人も「どうした!?」ってなるんじゃないの?

むしろマイナスにいくと恋の行方がやばい。

そもそも教えて1日で全部完璧にとか無理だよね…
ウルウル見つめる彼女に何かいい案ないかなーと思ってた時に思いついたのがリップ。

これなら最初のステップにはよさそう。

だって彼女、私が昔、誕プレであげたリップを今でも使っているくらいだし。

それに一口にリップって言っても、リップスティック、グロス、リキッド、ティント…と今は種類が豊富。発色や質感、さらにブランドも合わせると種類ありすぎて選ぶの大変だけど、ついついコレクトしちゃうんだよねー。

しかし彼女に何を選ぼう。王道のオペラも塗り心地がいいから捨てがたいけど、こないだネットで「リッププランパー」っていう美容成分がいい感じの唇になるって見かけたなー。あれどこのだったっけ。

そうだモテリアリップだ。
ちょっと値段はするけど、美容液成分がちゃんと入っているのに、刺激は少なくて天然由来成分も入った日本製だったなぁ。高いって言っても知れてるし、私も欲しかったんだよね。

「欲しかったリップがあるから、一緒に買ってあげる。『気になる人誕生記念』でプレゼントするよ!」って言ったら、キラキラした目で「マミちゃんに相談してよかった!ありがとう!!これからもいろいろ教えてくれるかなぁ?」だって。可愛すぎるー。

これならメイクしなくてもイチコロやろーと言いたい気持ちをぐっと抑えて、リップをカートにイン。

ん?これからも、ってことは次もあるのか…。でもなんだか楽しみで燃えてきたぁー。